陸上自衛隊の防衛訓練公開 奄美市

カテゴリ:地域

陸上自衛隊は先月21日から南西諸島などを敵の侵攻から守る訓練を行っていて日奄美市でその一部が報道関係者に公開されました。

訓練は奄美空港の旧滑走路を島に見立て、敵の爆撃機の攻撃を想定して行われ

ことし3月に開設された奄美駐屯地のミサイル部隊と北海道の帯広駐屯地ミサイル部隊などの隊員50人、車両30台が参加しました。

機動性が高い、近距離のミサイルや中距離ミサイルを搭載した車両や敵の動きを監視するレーダーを搭載した車両が配置され射撃体勢を取るまでの動きが公開されました。

訓練は今月22日まで行われます。