二十四節気のひとつ「立冬」 長崎市内のイチョウも色づき始める

カテゴリ:地域

8日は二十四節気のひとつ「立冬」です。

冬が始まるころとされ、長崎県内は肌寒い朝となりました。

長崎市の市民会館横のイチョウ並木です。

葉が黄色く色づき始め、季節の移り変わりが感じられます。

8日は二十四節気のひとつ「立冬」で、暦の上では冬が始まるころとされています。

8日朝の最低気温は雲仙岳で7.4度、対馬市厳原と壱岐市石田で9.8度、長崎市で12度などを観測し、11月上旬から下旬並みのところが多くなりました。

長崎県内は午後もおおむね晴れますが、急な雨に注意が必要です。

日中の最高気温は19度から22度まで上がり、過ごしやすい陽気となりそうです。

(8日正午現在)