大変な農作業も”スマート農業”で負担を軽く!? とっておきのドローン操作体験<福島>

カテゴリ:地域

最新技術を使って農家の負担を軽くする次世代農業、「スマート農業」

7日は福島県郡山市のドローン販売店TMRが猪苗代町で『農薬散布ドローン』の体験イベントを開いた。

農家のみなさんは初めて見る大型ドローンに興味津々。

「下に風がいくことによって、イネの根本まで農薬の散布可能」

『農薬散布ドローン』は地上で人が作業する場合と比べてなんと最大60倍の速さで農薬散布を完了することができるという。

さっそくドローン飛行を体験。

専業農家の野口清喜さんは見るのも操作するのも初めて。

農家 野口清喜さん(63):「なかなか年齢と共にきつくなってくるのでこういうのだと最高ですね。これだったらもう慣れれば1時間もやれば、完全に田んぼ中終わっちゃうじゃないでしょうかね。これからはこれの時代ですね」

スマート農業は農家の負担を軽くすることで新規就農者を増やせないかと期待されている。

株式会社TMR菊地徹さん:「だいぶ農家の方にも認知して頂いて、まだまだ少ないですけども導入が進んでおります。なんとか農業を盛り上げて頂きたいなということで」