楽天イーグルス 秋季キャンプin楽天生命パーク 新加入 館山コーチの決意

カテゴリ:地域

岡山県倉敷市と並行して楽天生命パークでも秋季キャンプを行っている楽天イーグルス。今年現役を引退し楽天に加入した館山2軍投手コーチが語る来季への決意です。

およそ20人が参加する楽天生命パークでの秋季キャンプ。

その中には開幕から4番に座るなどシーズンを通して主軸を担った島内や、自身キャリアハイとなる141試合に出場した茂木など主力の姿も。

また、今シーズン故障の影響で1軍出場が59試合にとどまった田中もバッティング練習を行うなど精力的に汗を流しました。

一方、投手陣では塩見や福井などベテラン勢に加え、今シーズン支配下登録を掴み1軍復帰登板も果たした由規などが実戦メニューをこなし来シーズンに向け気持ちを新たにしていました。

そんな中、グラウンドには新たにチームに加入した館山昌平2軍投手コーチの姿がありました。

2002年にヤクルトに入団。

右肩、肘、血行障害など現役時代9度の手術を乗り越え2008年から5年連続2桁勝利をするなど、通算85勝を挙げ今年現役を引退した館山コーチ。

第2の野球人生は楽天でスタートをきります。

館山昌平 2軍投手コーチ

「自分が夢である指導者の第一歩を楽天でスタートできるというのはすごくありがたいことですし、素直に嬉しかったです」

館山コーチに託されたのは、2軍での投手育成。

何度も逆境を乗り越えた男が自身の経験を生かしてチームの底上げに全力を尽くします。

館山昌平 2軍投手コーチ

「2軍で投げているピッチャーがいつでも1軍に上がれるような、1軍のピッチャーも2軍のピッチャーが頑張っていることに対して危機感を覚えるような下からの底上げをしていきたい。楽天のために東北のために、全力で頑張ります」