愛媛4区 自民・山本氏の後任は…党派超え保守系県議が協議

カテゴリ:地域

衆議院愛媛4区選出の山本公一衆議院議員が次期衆院選へ出馬しないことを受け、4区を地盤にする保守系の県議会議員らは後任の候補者選びを進めています。

衆議院愛媛4区を巡っては、現職で9期目の山本公一議員が病気療養のため、次期選挙に出馬しないことを表明しましたが、後継者などは指名していません。このため4区を地盤とする保守系県議らが年内をめどに後任選びを進めています。

7日も県議らが県議会議事堂で会合を開き、後任選びについて各支部から寄せられた意見などが報告されました。

後継候補としては愛媛にゆかりのある官僚の名前が挙がっている一方で、これまで山本議員と愛媛4区の議席を争ってきた桜内文城元衆議院議員が自民党公認での出馬に意欲を示していますが、県議らは支援しない方針です。

愛媛4区については、立憲民主党が新人の杉山啓さんの擁立を決めています。