「博多もものすけ」八女産赤カブ 2018年より本格販売 甘みがあり生食にも 福岡市で試食会

カテゴリ:地域

2018年から本格的に販売されている福岡県産の赤かぶ「博多もものすけ」の出荷が始まり、7日朝、試食会が開かれました。

八女市で2018年から本格的に生産されている「博多もものすけ」。

その名の通り、桃のような色合いで甘みがあって柔らかく、サラダなどの生食にも適しています。

「博多もものすけの試食宣伝を行っております。ご試食下さ~い」

本格的な出荷の時期を前に、7日朝、青果市場で試食会が行われました。

【青果店店主】

「やや甘い感じがする」

「鍋なんかも良いかも。そういう風に勧めていこうと思う」

新しい特産にしようとJAふくおか八女が生産している「博多もものすけ」は、11月下旬から12月までが出荷のピークです。

2019年は去年の約3倍にあたる60トンの出荷が見込まれ、一玉200円前後で販売されているということです。