五輪マラソン札幌開催の費用負担 森会長が知事・市長に「迷惑かけないようにしたい」

カテゴリ:地域

 7日札幌を訪れた大会組織委員会の森会長に対し、知事と市長が費用負担や市民生活の影響を避けるよう求め、森会長は「迷惑をかけないようにしたい」と応じました。

 大会組織委員会の森会長は午後1時に鈴木直道知事と面会し、マラソンと競歩の札幌開催が決まったことを報告しました。

 大会組織委員会 森喜朗会長:「北海道にはご迷惑をかけることは多いと思うが、私たちはオールジャパンで取り組むので…」

 鈴木知事は、費用は組織委員会が負担するよう要請しました。

 鈴木直道知事:「(費用は)組織委員会に負担いただくことが基本的認識としてある。『ボタンの掛け違え』がないように」

 森会長は「北海道に迷惑をかけない」と応じたうえで、コースや日程について、8日以降の実務者協議で話し合いたいとしました。

 その後訪れた札幌市役所。

 秋元札幌市長は日程やコース選定などでは市民生活への影響を避けてほしいと要請しました。

 秋元克広 札幌市長:「市民生活への影響をできるだけ少なくするようご配慮をお願いしたい」

 会談で秋元市長は費用負担について言及はしませんでしたが、その後の会見で…

 秋元克広 札幌市長:「恒久的な施設は地元自治体で、それ以外は組織委員会の運営経費というルールになっている。それを前提に話をしたい」