津波で大切な人が…前へ歩む遺族の生き方 松山で上映会【愛媛】

カテゴリ:地域

東日本大震災で大事な人を失った遺族たちの生き方を描いたドキュメンタリー映画が、松山市で6日に上映されました。

ドキュメンタリー映画『Life生きてゆく』は、映像ディレクターの笠井千晶監督が、東日本大震災による津波で両親と子ども2人を失った上野敬幸さんを5年半に渡って取材し制作しました。

松山市で行われた上映会には約100人が訪れ、つらい現実を乗り越えながら、前を向いて生きていく上野さん一家の姿に見入っていました。

また上映後には笠井監督らによる講演会も行われ、国内で災害が頻発するなか「身の危険を感じる前に避難することが大切」と訴えていました。

笠井千晶監督

「自分自身の身の回りにいる家族や友達や大事な人を大事にする。そして自分の命を守るということを感じて頂きたい」