目指せ!縄跳び日本一 富山市の鵜坂小学校

縄跳びの日本一をめざす富山市の鵜坂小学校の子供たち。来月東京で開かれる全国大会に向け7日、本番を想定した校内大会が開かれました。

競技は「8の字跳び」

12人以下のチームで8の字を描きながら長縄を跳びぬけ、1分間で跳んだ延べ人数を競います。

円陣「うさかみらい。頑張るぞ~」

全国からビデオによるエントリーで予選が行われ、現在、日本一の記録を持つのが6年生のチーム「うさかみらい」です。平日の朝と放課後、休みの日にも練習を重ねているという子供たち。見事なチームワークで、声を掛け合いながらリズミカルに縄を跳びぬけます。

実は同じ6年生のチームが予選2位の記録を出しましたが、全国大会に出られるのは富山から1チームだけという決まりがあり、決勝に進めませんでした。

悔しい思いをした仲間のためにも最高のパフォーマンスをと、一度も縄に引っかかることなくノーミスで跳び終えました。

「今回の記録は256」

記録は、なんと1分間に256人。予選で出した日本一の記録に並びました。

全国大会は来月8日東京で開かれ、「うさかみらい」は決勝で北海道のチームと対戦します。