ソフトボールの”聖地”に期待も 全国高校選抜大会が2023年に長崎で初開催へ

カテゴリ:地域

ソフトボールの「聖地」に期待です。

高校ソフトボールの日本一を決める全国高校選抜大会が、2023年に長崎で初めて開催されます。

全国高校選抜大会は毎年3月に行われていて、この大会で県勢は現在8連覇中と長崎の競技レベルは全国トップクラスです。

誘致した長崎県ソフトボール協会によると、複数必要となる試合会場や練習会場などはこれから調整を進めます。

この大会では、長崎から通常の県代表1校のほか、開催地枠としてもう1校出場できます。

過去7度の優勝経験がある大村工業の山口 義男監督は「ソフトボール熱を高めて普及や強化につなげたい。過去10年連続開催実績のある静岡県富士宮市が「聖地」となったように、長崎でも長期的な開催を期待したい」と話しています。