秋田県警柔道・剣道大会 警察官たちが練習の成果 発揮

カテゴリ:地域

 警察官による柔道・剣道大会が6日、秋田市で開かれ、全県から集まった警察官たちが熱い戦いを繰り広げた。

 開会式では、秋田中央警察署の小坂和輝巡査が「各所属の代表としての誇りを持ち正々堂々と試合することを誓う」と宣誓した。

 

 大会は、警察官として日ごろ鍛えた体力や精神力を存分に発揮してもらおうと、毎年開かれているもので、2019年で65回を数える。6日は、秋田県内14の警察署や警察本部の各部署から320人余りが出場し、柔道と剣道それぞれの団体戦と個人戦で熱戦を繰り広げた。

 

 出場した警察官たちは、応援に駆け付けた同僚や家族を前に、日ごろの練習の成果を遺憾なく発揮していた。