噴火警戒レベル3 口永良部島で気象庁が住民説明会

カテゴリ:地域

今月28日に噴火警戒レベルが入山規制の3に引き上げられた口永良部島で30日、気象庁が住民向けの説明会を開きました。

気象庁は、口永良部島・新岳で火口付近の浅いところを震源とする規模の大きな地震が相次いでいるとして、28日、噴火警戒レベルを火口周辺規制の2から入山規制の3に引き上げました。

30日の住民説明会には、約20人が参加し、気象庁の職員から警戒レベルを上げた理由や新岳の現状が説明されたということです。

福岡管区気象台によりますと、30日の火山性地震の発生回数は4回、火山ガスの放出量は70トンといずれも少ない状態ですが、気象台は、火山活動が高まった状態が続いているとして新岳の火口から概ね2キロの範囲で噴石の飛来や火砕流への警戒を呼びかけています。