21日夜からは雨 22日は大雨の恐れ 被災地は少しの雨でも洪水や土砂災害の恐れ 長野

カテゴリ:地域

被災地では再び雨に警戒が必要です。前線と温帯低気圧に変わる見込みの台風20号の影響で県内は、今夜から雨が降り始め22日、大雨となる恐れがあります。

22日午後6時までに予想される24時間降水量は多いところで北部、中部、南部いずれも70ミリとなっています。被災地では少しの雨でも洪水や土砂災害がおこる恐れがあり、気象台は、復旧作業に十分注意するよう呼びかけています。

なお、22日は雨のため長野市や千曲市などではボランティアの受け付けを中止するとしています。自治体や社会福祉協議会のホームページなどで確認してください。

また、台風21号も近づいてきています。今後も気象情報に注意してください。