岩手県内に大雨のおそれ 土砂災害へ警戒

カテゴリ:地域

19日、岩手県内は、低気圧や前線の影響で大雨となるおそれがあり、台風19号で被害を受けた地域では、土砂災害への警戒が必要である。

県内は、低気圧などの影響で、昼過ぎにかけて沿岸部を中心に、1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。午前11時半時点で、沿岸部では宮古市、山田町、岩泉町、大船渡市、釜石市、大槌町に。内陸では奥州市、一関市、平泉町、盛岡市に大雨注意報が出ている。

台風19号の被害を受けた宮古市と山田町では、午前11時半時点でそれぞれ全域に避難勧告を出し、早めの避難を呼びかけている。

20日午前6時までに降る24時間雨量は、沿岸南部と内陸で80ミリ、沿岸北部で70ミリと予想されている。

これまでの雨で地盤が緩んでいる所があり、気象台では、土砂災害などに十分警戒するよう呼びかけている。