救える道ないのか? クジラ静岡に5頭連続漂着のナゾを専門家に聞く 

カテゴリ:地域

入口鎌伍記者

「まだ生きているということで時折、体や尾ひれを動かしています。現在、消防や海上保安部が救出活動をしています」

9月18日、静岡市清水区三保の海岸に体長約5.8メートルのアカボウクジラが漂着しました。住民も駆けつけ救出作戦を展開。

住民

「クジラが涙を流していた。早く海に戻れるといい。ただそれだけ…」

しかし懸命の作業もむなしく、徐々に弱っていくクジラ。救出を始めてから約4時後、息絶えました。

見守った人

「残念。本当にかわいそう」

東海大学 海洋学部・大泉宏教授

「アカボウクジラは群れで暮らす習性がある。この個体に何かあったというより群れ全体に何かあったのではないか」

この言葉を裏付けるように、県内でこの前後にアカボウクジラの漂着が相次ぎました。

漆畑晃太郎記者

「清水区興津の海岸です。後ろに見える波消しブロックと防波堤の間にクジラが浮いています」

最初は静岡市の海岸に。続いて南伊豆、富士、そして清水区に。4日間で5頭のアカボウクジラが漂着。すべてメスでした。生きていた物からかなり腐敗が進んだものまでさまざまで、5頭が一斉に死んだわけではないと見られています。

東京海洋大学でクジラの生態の研究や野外調査を行っている、村瀬弘人准教授にアカボウクジラの生態を聞きました。

東京海洋大学 鯨類学研究室・村瀬弘人准教授

「クジラは種類によっては母系、母親を中心とした群れを作る種もいる。アカボウクジラ自体はそういうの生態がわかっていないが、群れで行動していた可能性はなくはない」

県内では1990年、同じ日に清水区や沼津市の海岸で合わせて5頭のアカボウクジラが打ち上がったことがありました。駿河湾はアカボウクジラにとって良好な生息域で、定住している可能性もあると言われています。

村瀬弘人准教授

「1000メートルくらいの深さで、60分間潜るという習性がある。エサはイカや魚類で深く潜る。船で海から目視調査をするが潜水時間が長く難しい。生態がわかっていないところが多い」

ではアカボウクジラの死因に迫ることはできるのか?

解剖の結果、5頭のクジラの内2頭については「動脈硬化」を患っていたことがわかりました。しかし、直接的な死因になるほど重症化していませんでした。

こうした中、村瀬准教授が注目しているのは潜水艦の探知などに使われる「軍事用ソナー」です。ソナーが発する音波がクジラに届くと、クジラはパニックに陥ってしまいます。そして水面に上がろうと急浮上した結果、圧力の変化に対応できずにいわゆる潜水病を発症。呼吸困難になり、死んでしまうというものです。

村瀬弘人准教授

「クジラは水の中で生活していて、生活するために音をかなり利用している。音が出る機械に対して敏感に反応する。ある研究の結果では軍事用ソナーの音に対して行動を変えると報告されている」

アメリカやスペインなどでは、実際に軍事用ソナーの音波による潜水病が原因で、クジラが座礁したとの研究結果も発表されています。

国内で、年間約数百件の報告があるクジラの漂着。しかし、死因が明確にわかるのは約2割だけです。クジラに何があったのか。もし人間が原因を作っているのなら、助ける道があるのかもしれません。