"大丈夫 勝つ" ラグビーW杯 人気の原動力はリーチ選手の存在も 高校時代の素顔とは…?

カテゴリ:地域

 史上初のベスト8入りが目の前に見えてきたラグビーW杯。決勝トーナメント進出のカギを握る13日のスコットランド戦に向け、すでに盛り上がっています。

 この人気を支える原動力は、札幌山の手高校出身のリーチマイケルキャプテンの存在もあります。

 川上椋輔アナウンサー:「ありました。リーチマイケル選手の大きなポスターです」

 札幌山の手高校のロビーに張られた卒業生リーチ選手のポスター。反響もあるといいます。

 札幌山の手高校 南和孝教頭:「電話がかかってきたり、(来校して)写真だけとっていく人もたくさんいた。本当に次の試合頑張ってほしい」

 リーチマイケル選手は、高校1年生だった15年前にニュージーランドから日本へやってきました。当時下宿させていた森山さん夫婦は…。

 森山久美子さん:「(当時は)おとなしくて、ひょろひょろっとした子なんだけど、芯のしっかりしているところは感じられた」

 4年前の前回大会でもキャプテンを務めたリーチ選手。かつて過ごしていた部屋には、優勝候補南アフリカを撃破した時のユニフォームが飾られていました。

 森山久美子さん:「(手紙で)札幌に帰ったら遊びに行きますと」

 森山さんは、この4年間の活躍をまさに親心で見守っています。

 森山久美子さん:「日本に対する恩返し、日本のラグビーを世界中の人にリスペクトしてほしい気持ちが出ている。(この4年は)大変だったと思う。チームをまとめなければならないから。今回ちゃんとしていると思う。(リーチ選手は)“大丈夫、勝つ”としか言わないので、やってくれるのでは?」