秋の高校野球東北大会が開幕 春のセンバツ甲子園をかけて熱戦が始まる〈福島県〉

カテゴリ:地域

春のセンバツ甲子園につながる秋の高校野球東北大会が11日開幕した。

岩手県盛岡市で開かれた開会式、福島県代表の3校も堂々の行進を見せた。

春のセンバツ甲子園につながるこの大会。

磐城は東海大山形を6対0で下し、14日に秋田代表の能代松陽と対戦する。

学法福島は青森代表の東奥義塾と、福島成蹊は山形代表の鶴岡東とそれぞれ14日に対戦。

台風の影響で一部の試合日程が変更されたが、10月18日の決勝まで熱戦が繰り広げられる。