台風19号接近を前に「警戒レベル」を整理 福島県の場合は?

カテゴリ:地域

国や県・気象台が出す気象に関する情報や自治体が出す避難情報は災害リスクに応じて5段階にレベル分けされる。

福テレ斎藤恭紀気象予報士の見解では福島県内では12日(土)の夜に、【警戒レベル4】に該当する土砂災害警戒情報、河川の氾濫危険情報が出され、各市町村が該当する地域住民に”全員避難”を求めるような”避難情報”を出す可能性があるとしている。

ただ、夜間の嵐の中では避難することが難しい場合もある。

自治体は12日(土)の午前中までに避難所を開設を。

住民は特に高齢者や小さなお子さんがいる場合は早めの避難行動を。

最新の警戒情報を確認して命を守る準備と行動をする必要がある。