「誠実な看護」ナースキャップに誓い 聖カタリナ学園高校で戴帽式【愛媛・松山市】

カテゴリ:地域

松山市の聖カタリナ学園高校で11日、看護師を志す生徒にナースキャップを贈る戴帽式が行われました。

「戴帽式」は看護師を目指す生徒たちが、ナースキャップを初めて被る節目の儀式です。

聖カタリナ学園高校で行われた戴帽式では、看護科の2年生40人に真新しいナースキャップが贈られました。

ナースキャップを被った生徒たちは、看護の心の象徴「ナイチンゲールの火」をキャンドルに受け継いだ後、全員で誓いの言葉を述べました。

看護科2年生全員「看護の任務を誠実に行うことを誓います」

生徒たちは今月下旬から2週間、松山市民病院で初めての看護実習にのぞみます。