新千歳空港は135便の欠航が決定 "史上最強クラス"台風19号 北海道へは13日最接近

カテゴリ:地域

 史上最強クラスの台風19号が関東に接近中です。

 日曜日には、北海道にも近づく予想で、暴風や高波に警戒が必要です。

 非常に強い勢力の台風19号は、史上最強クラスで関東に上陸するおそれがあります。

 13日朝には北海道の南へ進み、太平洋側を中心に暴風や高波となる予想です。

 札幌管区気象台は、昼過ぎに会見を行い警戒を呼びかけました。

 札幌管区気象台 板橋耕一郎予報課長:「台風からちょっと北海道から離れたからと言って安心せず、暴風警報発表中は、屋外での行動は避けてください」

 13日の最大瞬間風速は、太平洋側で35メートルと倒木や電柱の倒壊による停電や住宅の被害などに警戒が必要です。

 また12日は、本州で大荒れとなるため、新千歳と羽田や関西などを結ぶ便は全日空が65便、日本航空が70便と合わせて135便の欠航が決まっています。(11日午後4時現在)

 11日の新千歳空港は予定を早めて移動する人たちで混雑しました。