台風19号関連・愛媛の交通機関への影響は

カテゴリ:地域

台風の進路は愛媛からそれる見込みですが、交通機関には大きな影響が出ています。東京・大阪の空の便を中心に12日は多くの便が欠航を決めています。

福吉貴文アナウンサー「全日空では台風振替専用の受付ができ、早めの便に振り替える方もいらっしゃいます」

全日空は全ての東京便と大阪・名古屋便の一部で欠航を決めています。

空港のカウンターには「台風振替」専用の受付が設置され、係員に相談する利用客の姿が見られました。

大阪に向かう女性客「欠航になると思って(帰りの便を)あさってに変更しました」

「パックで(予約を)取っていたので振替方法がよくわからなくてカウンターでもできるということだったので来ました」

東京に向かう男性客「あす横浜でラグビー(W杯の試合)があったのでそれを観に行く予定だったんですけど、あす中止になったんだけど、あす移動したら(あさっての)日本対スコットランド戦も観られないので、きょうのうちに移動しようと思って早めの便で東京に行こうと」

また、日本航空も12日、東京・大阪便で一部の始発を除くほぼ全便が欠航。

このほか、LCCジェットスターの成田便とピーチアビエーションの関西国際空港便も12日は全便欠航を決めています。

航空各社はホームページなどで最新の情報を確認してほしいとしています。

また、海の便では南予と九州を結ぶフェリーが11日午後から欠航、12日も終日欠航します。

東予と大阪を結ぶオレンジフェリーも11日夜、東予港を出航する便が欠航です。

JR四国によりますと予讃線は12日は通常通り運転する予定ですが、台風の状況次第では運転の見合わせを行う可能性があります。

また、新幹線は12日午前から計画運休を決めていて遠方へ出かける際は注意が必要です。

今後の台風情報、および交通情報には十分注意してください。