【北海道の天気 10/11(金)】台風19号北上中 北海道への最接近は日曜日 備えはあす昼までに

カテゴリ:地域

 (吉井庸二気象予報士が解説)午前11時50分現在

 こんにちは。こちらは今の苫小牧の様子です。低い雲が広がっています。きょうは湿った空気の影響で、太平洋側ではにわか雨に注意が必要です。

◆11日午後の天気と予想最高気温

 時折、日差しが届く程度で、雲の多い天気となります。太平洋側は広い範囲でにわか雨に注意が必要です。折りたたみ傘がをお持ちください。

 予想最高気温です。20℃前後で昨日と同じくらいのところが多くなります。ただ、日差しのぬくもりは感じられないでしょう。

◆台風19号の最新の進路予想

 少し勢力は落ちましたが、非常に強い台風で北上中です。13日日曜日は、温帯低気圧に変わりながら北海道の南を通過します。暴風警戒域が北海道にはかかっています。

 最も接近するのは、13日の朝から昼過ぎにかけて、この時間帯は特に暴風、高波に警戒が必要です。

◆雨と風の予想

 あす正午早ければ太平洋側で雨が降り出す予想です。あす日中は、台風が本州に直撃、甚大な被害をもたらすおそれがあります。

 あす午前6時で太平洋側で雨風がピークを迎える予想です。特に太平洋側の東部で暴風・大雨となる可能性があり、警戒が必要です。この時間帯は無理な外出は控えるようにしてください。

 昼過ぎには雨の止むところが多くなりますが、その後は全道で北風が強く吹きそうです。

◆3連休のポイント

 あすは午後から太平洋側で雨が降り出します。特に夜になると、風も次第に強まりそうです。

 日曜日は朝から昼過ぎが暴風のピーク。特に日高~根室で警戒が必要となりそうです。

 月曜日はさらに寒さが厳しくなります。道北やオホーツク海側の平地でも雪。峠や山間部は積雪となる予想です。路面状況の変化に注意をしてください。

◆対策はあすの昼までに!

 庭の飛ばされやすいものはしまったり固定してください。また停電に備えて、懐中電灯の点検と、携帯の充電をしておくようにしましょう。月曜日と火曜日は峠越えは危険です。タイヤの装備をしっかりと行ってください。