台風19号 長野県内は“あす12日夕方から夜”最接近 気象庁「記録的な大雨・暴風の可能性」

カテゴリ:地域

大型で非常に強い台風19号が、あす12日夕方、長野県内に最接近する見込みです。気象庁は「記録的な大雨や暴風になる可能性がある」として、警戒を呼びかけています。

きょう11日午前、会見を開いた気象庁。

(気象庁)「台風本体の発達した雨雲がかかるため、広い範囲で『記録的な大雨』となる見込み。状況によっては『大雨特別警報』を発表する可能性があります」

大型で非常に強い台風19号は、中心の気圧が925ヘクトパスカルで、1時間におよそ25キロの速さで北北西に進んでいます。

県内には「あす12日夕方から夜遅くにかけて」最も接近する見込みです。

これに伴い、あす12日の昼すぎから13日にかけて大雨や暴風となるところがある見込みです。

あす12日、午後6時までの24時間に予想される雨の量は北部180ミリ、中部200ミリ、南部180ミリです。その後の24時間では、北部と中部が100ミリから150ミリ、南部が50ミリから100ミリです。

雨は、あす12日朝から雷を伴って1時間に30ミリ以上の激しい雨が降り、昼すぎからは局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨となる見込みです。

また、風も昼すぎから暴風となるところがあり、最大瞬間風速30メートルの「暴風」となる予想です。