【福テレ斎藤気象予報士解説】予想より早く台風19号は福島県に接近 あの時と似た暴風・大雨に

カテゴリ:地域

福テレ 斎藤恭紀気象予報士による台風19号についての解説

(2019年10月11日(金)午後6時現在)

10日(木)の予想より早く福島県に接近

【福島県が嵐のエリア「暴風域」に入るのは…12日(土)夕方】

<2013年10月6日の暴風を覚えていますか?>

この時、福島県いわき市では最大瞬間風速29.3m/s

12日(土)夕方以降 福島県では最大瞬間風速35m/sが予想される

台風19号は福島県を暴風域に巻き込み13日(日)の午前1時~2時ごろに最接近しこの前後で最も風が強まる。

夜間に暴風となり13日(日)朝には東の海上に抜けるが昼ごろまで吹き返しの風が強い。

【50年に一度の記録的な雨になるおそれ】

<1986年8月5日の大雨を覚えていますか?>

8・5豪雨の総雨量は福島264ミリ・郡山206ミリ

今回は多いところで400ミリの予想もあり50年に一度の記録的な大雨に。

12日(土)~13日(日)朝に大雨になる予想。

【夜間に大雨と暴風】

あす午前までに土砂災害警戒区域・浸水想定区域に住んでいる方は避難を!