沖縄の大学生が福島県の小学校でエイサーを披露!いわき市で震災犠牲者へ”鎮魂の舞”

カテゴリ:地域

沖縄に伝わる鎮魂の舞「エイサー」。

実はこのエイサーの起源はいわき市の「じゃんがら念仏踊り」だといわれている。

いわき市の磐崎小学校を訪れたのは沖縄国際大学のエイサーサークル、「琉球風車」のメンバー25人。

メンバーは子どもたちの前でエイサーを披露した。

いわき市から遠く離れた沖縄に伝わるエイサーを見た子どもたちは・・・

「沖縄から来てくれたから嬉しかった。」

「迫力がすごくてまた見たいです。」

と初めて生で見るエイサーの踊りに喜びの声。

今回、メンバーの一番の目的は東日本大震災の犠牲者への鎮魂。

いわき市薄磯地区では120人以上が津波の犠牲になった。

サークルメンバー:「来るのが遅くなったけど、こういうところに貢献が少しでもできたらと思って踊りました。」

メンバーは12日まで福島県内に滞在し、各地でエイサーを披露する予定。