「おいしい!」10月10日はマグロの日!愛南町の給食にマグロ料理登場【愛媛】

カテゴリ:地域

10月10日はマグロの日。愛南町内の小中学校では、給食のメニューになんとマグロがお目見えしました。

10月10日は奈良時代の歌人・山部赤人が万葉集でまぐろの歌を詠んだ日としてマグロの日とされています。

そのマグロの日の10日、愛南町が地元のマグロ養殖業者の協力を得て、町内17の幼稚園と小中学校の園児と児童生徒ら1401食分のマグロを提供しました。

給食には、30~40キロのクロマグロ3匹合わせて109キロが使われ、サイコロ状にして揚げ醤油味で仕上げた『クロマグロと野菜の揚げ照り煮』に調理されました。

城辺小学校では、5年生41人がマグロ養殖についての説明を受けた後、マグロの給食に舌鼓を打ちました。

男子児童

「マグロが食べれたので、愛南町に生まれて来てよかった」

女子児童

「美味しい!」

男子児童

「今度は刺身がいい!」

初めてのマグロの給食に児童たちは大満足の様子でした。