話題プラス 「簡単 身近なもので浸水対策 ”水のう”とは?」

カテゴリ:地域

【自宅の浸水を防ぐ方法を国土交通省に聞いた】

一般的に浸水対策というと、土のうの準備をイメージする人も多いかと思うが、土のうを準備するのは中々大変…。

そこで、もっと簡易的に家にあるもので作れてしまうのが「水のう」。

<家にあるものでできる「水のう」とは?>

家にあるゴミ袋を二枚重ねにして、水を半分ほど入れるだけ。

これを玄関などの前に隙間なく詰めると浸水を軽減することができる。

段ボール箱に入れることでより強度が増す。

さらに!水のうと長い板を組み合わせて出入り口の浸水を止める方法もある。

また、土が入ったプランターをレジャーシートで巻いて玄関に置くだけでも浸水対策になる。

<急激な水位の増加で下水が逆流する>

予防策でビニール袋に水を入れた「水のう」をトイレの中に入れて置いたり、洗濯機や浴槽は排水口に置いておくと逆流を抑える効果があるとのこと。