まるごと秋田づくしの1冊…女性目線で見た秋田とは

カテゴリ:地域

 すでに発売されている雑誌の最新号が秋田をテーマにしたことで話題となっている。それが大手出版会社の講談社が全国で販売する女性誌で「FRaU」という雑誌。女性目線で見た「新たな秋田」県民も必見のその内容をご紹介する。

 表紙にはいま大人気の秋田犬。ページをめくると県内の温泉や日本酒が。FRaUは大手出版会社講談社が不定期で発行し、全国で販売される女性誌で文化や健康それに食などの題材をもとに特集が組まれている。

 今回は旅行をテーマに秋田がピックアップされた。そのきっかけについて自身も秋田市出身で講談社宣伝部の佐々木美佳副部長が教えてくれた。

 佐々木副部長は「化粧品のアルビオンがやっている白神研究所で栽培しているハーブの化粧品がこの秋新たに販売される。秋田の素材を使っているので秋田の話で編集部が盛り上がった。いろいろ旅行の定番はあるが秋田一つにしぼった女性誌はないよねとなり深堀したら面白いんじゃないかと」と話した。

 決まったコンセプトは「美しくなる秋田への旅」

 白神山地の美しい自然をはじめ発酵食の文化などの紹介を通して、秋田美人を育む旅を提案している。

 佐々木副部長のおすすめは地元に住むクリエイターのお気に入りを紹介するページ。食や絶景のポイントなど様々な秋田の魅力を発見できる。

 佐々木さんは「きっとみなさんも実は行きつけの中華だったり知っている店、見たことはあるけどこんな店だったんだと面白い発見があると思う」と話している。

 そもそも雑誌自体は女性らしいライフスタイルを勧めるもの。今回もよりきれいに見えるようレイアウトやデザインに女性誌らしい工夫があり、佐々木さんは「最初に見たときは泣いてしまった。こんなにきれいにって…。もちろん東京の人や全国の人が秋田に来る時のはじめてのガイドとしても使えるけどまずは秋田に住んでいる人に教えたいと思った」と話した。