東福岡高校から新たなJリーガー誕生 鹿島アントラーズに加入へ 「幼いころから惹かれていた」

カテゴリ:地域

日本のサッカー界に多くのトップ選手を輩出している東福岡高校から、新たなJリーガーが誕生することになりました。

サッカーJ1の鹿島アントラーズに加入が内定したのは、東福岡高校3年の荒木遼太郎選手です。

荒木選手は熊本県山鹿市出身で、これまで15歳以下の日本代表に選出されるなど早くから活躍し注目されてきました。

今回、複数の球団からオファーがありましたが、サッカーJ1で現在首位を走る鹿島アントラーズに入団を決めたということです。

【荒木遼太郎 選手】

「(自分が)幼い頃に鹿島アントラーズの試合を見て、そのときに鹿島アントラーズの魅力に惹かれて」

サッカー部の森重潤也監督からは「技術がありクレバーで仲間からの信頼も厚い。頑張ってほしい」とエールが送られました。