ノーベル吉野彰さん 富士市の「吉野研究室」で10年間研究 

カテゴリ:テクノロジー

今年のノーベル化学賞が発表され、旭化成の名誉フェロー吉野彰さんの受賞が決まりました。吉野さんは10年間富士市の研究所に勤務していました。

吉野さんは携帯電話やノートパソコンに使われるリチウムイオン2次電池の発明者の一人です。

吉野さん 「あの場で私も名前が呼ばれたらいいなと思っていましたんで、まさか、まさかでございます」

吉野さんは2005年から富士市にある旭化成の研究所に勤務し、退職までの10年間吉野研究室の室長を務めました。

4~5人の研究員をまとめる立場で、リチウムイオン電池の研究を行っていましたが、旭化成では個人の名前が付いた研究室は珍しく、それだけ貴重な研究だったことがわかります。

日本人のノーベル賞受賞は本庶佑さんに次いで27人目です。