ブランド米…東大寺へ献納「金のいぶき」 子供たちが稲刈り〈宮城・涌谷町〉

カテゴリ:地域

宮城県涌谷町の小学校で、稲刈り体験が行われました。品種は「平成の金」として町がブランド化を進める「金のいぶき」で、刈り取ったコメは奈良・東大寺に献納されます。

「金のいぶき」の稲刈りを行ったのは、涌谷町立箟岳白山小学校の5年生の児童14人です。

この小学校では毎年、米づくりの体験授業を行っていて、稲は子供たちが5月に植えたものです。

「金のいぶき」は胚芽が通常の玄米と比べておよそ3倍あるため栄養価が高く、甘みが強いのが特長です。

子供たちは地元の農家から指導を受けながら、丁寧に稲を刈り取っていきました。

子供たち

「最初はゆっくりだったけど、最後はスラスラできたので良かったです」

子供たち

「自分たちが頑張って作ったお米なので、おいしいと思う」

奈良時代、金が採れたという涌谷町。

東大寺の大仏が建立された際には涌谷町の金が献納されたことから、町では2年前から、「金のいぶき」を「平成の金」としてブランド化を進めています。

10月9日刈り取ったコメは、11月、その東大寺に献納されます。