韓国人客減少の対馬に、国内から客を呼び込め 宿泊料金割引くキャンペーン

カテゴリ:地域

日韓関係の悪化で対馬を訪れる韓国人観光客が激減していることを受け、長崎県は来月から国内の観光客をターゲットに宿泊料金を割引くキャンペーンを始めます。

8日、長崎県は対馬市で宿泊業者向けの説明会を行いました。

長崎県が対馬市比田勝で開いた説明会には、旅館の経営者など約20人が参加しました。

対馬市では日韓関係の悪化の影響で韓国人観光客が激減しています。

このため長崎県は「国内からの宿泊客」の誘致を狙い「行っ得つしま!」と名付けたキャンペーンを来月スタートさせます。

来月から来年2月末までの期間で宿泊料金を3000円割引くクーポンを発行します。

クーポンは大手コンビニエンスストアや宿泊予約サイトなどで入手でき、長崎県観光連盟に加盟しているホテルや旅館で利用できます。

参加した民宿の経営者は「韓国の人たちが来なくなり経営は厳しい。これからは日本人客も含め多くの人に来てもらいたい」と話していました。