「フードエキスポ」開幕 トレンドは“健康志向” 九州の食の魅力を世界へ 地元企業の販路拡大へ 福岡県

カテゴリ:地域

九州や山口の食の魅力を世界に発信する商談会が福岡市で開かれ、国の内外から多くのバイヤーらが訪れています。

フードエキスポは、国内を始め海外のバイヤーに九州や沖縄、山口の食の魅力を売り込もうと、福岡県などが開いています。

6回目の2019年はこれまでで最も多い263の食品会社や団体が出展していて、トレンドの「健康志向」に沿った9種類のフルーツを使ったシリアルや、美容成分が豊富なキクラゲを混ぜたケーキなどヘルシーなスイーツが目立ちました。

会場では、中国やシンガポールなど21の国や地域のバイヤーなどが訪れ商談していました。

2018年は約240件の取引が成立したということで、主催者は「イベントを通じて地元中小企業の販路拡大につながれば」としています。

この商談会は10日まで開かれています。