東京の大手不動産会社が取得 長野市街地の若者向けファッションビル「アゲイン」 

カテゴリ:地域

長野市街地にある大型商業施設「アゲイン」の土地と建物を、9月末、都内の大手不動産会社が取得していたことがわかりました。

長野駅に近い善光寺の表参道にある大型商業施設「アゲイン」。1970年に完成した地上8階地下1階のビルでは「長崎屋長野店」などがテナントに入り、現在は若者向けのファッションビルとして営業しています。土地と建物は地元の複数のオーナーが所有していましたが、9月30日付けで都内の大手不動産会社「東京建物」が全ての所有権を取得したということです。「東京建物」は、オフィスビルやホテル開発などを手がけています。当面は現在の営業を続けるとみられますが、「東京建物」の広報部は「現時点で今後について話せることはない」としています。