子どもたちが土木の仕事を体験 長崎県諫早市

カテゴリ:地域

子どもたちに土木の仕事を知ってもらおうというイベントが、諫早市のダム建設予定地で行われました。

諫早市の本明川ダムの建設予定地で行われたイベントは、土木の仕事の魅力を子どもたちに知ってもらおうと開かれ、約30人が参加しました。

子どもたちは、ヘルメットに安全ベルトを身に着けて急な斜面を登り、作業する人たちの技術を体感しました。

参加者 「普通に登れると思ったけど、やってみたら結構難しかった」

そして重機に乗り込みアームを操作して、積み上げられた木を動かします。

何十キロもある物を、機械を使って軽々と持ち上げることができました。

イベント主催「デミーとマツ」のスタッフ 「日本中の子どもたちに体験イベントを通して、土木が未来につなぐ仕事だと伝えていきたい」

子どもたちは、土木の仕事が町や人々の生活をつくっていることを学んでいました。