若い世代のがん患者「AYA(アヤ)世代」の悩みについて考える

カテゴリ:地域

若い世代のがん患者が抱える悩みについて考えようというパネルディスカッションが鹿児島市でありました。

これはNPO法人「がんサポートかごしま」が開いたものです。

おおむね15歳から39歳までのがん患者は英語の略で「AYA(アヤ)世代」と呼ばれます。

「AYA世代」は抗がん剤の副作用により髪が抜けた際のウィッグ代など金銭面での負担が大きく、さらに自治体によって受けられる支援制度に差があります。

他にも進学や就職、結婚、出産など「AYA世代」特有の課題があります。

この日はこうした課題について医師や「AYA世代」で子宮頸がんを患った女性らが議論しました。

NPO法人「がんサポートかごしま」はこうした会を年3回開き、がん患者を支援しています。