大気不安定 県内大雨に警戒 台風17号 温帯低気圧に 

カテゴリ:暮らし

台風17号は23日午前温帯低気圧に変わりましたが、県内では広い範囲で雨が降っています。

昼過ぎまでは大雨への警戒が必要です。

台風17号は23日午前9時頃、温帯低気圧に変わりましたが、勢力を保って日本海を北東に進んでいます。

県内では、大気の状態が不安定となっているため、昼過ぎにかけて非常に激しい雨が降るおそれがあり、1時間雨量は多い所で50ミリ、24日朝6時までの24時間雨量は多いところで180ミリと予想されています。

気象台は土砂災害や低い土地への浸水、河川の増水に警戒するよう呼びかけています。