台風17号佐賀県へ夜のはじめごろ最接近 暴風・土砂災害に警戒を【佐賀県】

カテゴリ:地域

大型の台風17号はこのあと夜遅くに暴風域を伴って佐賀県に最も接近する見込みです。気象台は暴風に厳重に警戒し、うねりを伴った高波、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

大型の台風17号は、22日午後5時には長崎県五島市の西北西約60キロにあって、1時間に約30キロの速さで北北東に進んでいるとみられます。県内ではすでに風速25メートル以上の暴風域に入っているところがあり、22日夜遅くに最も接近するとみられています。23日未明にかけて陸上でも何かにつかまっていないと立っていられないような非常に強い風が吹くところがある見込みです。

また、多いところで1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれもあり、23日午後6時までの24時間では120ミリの雨が予想されています。

気象台は暴風に厳重に警戒し、うねりを伴った高波や土砂災害に警戒を、低い土地の浸水や河川の増水などに注意するよう呼びかけています。