佐賀県小城市 天山酒造秋の蔵開き 若手社員の酒も

カテゴリ:地域

小城市の天山酒造で恒例の秋の蔵開きがあり、多くの日本酒ファンが限定酒などを楽しみました。

恒例の秋の蔵開きはひと夏寝かせた新酒の落ち着いた味わいが楽しめ、毎年多くの日本酒ファンが訪れます。会場には500円で日本酒3つを味わえるコーナーに加え、今年は初めてリキュールや焼酎などを使ったカクテルバーも用意され、訪れた人たちは蔵開き限定の酒を楽しんでいました。

来場者:「おいしいお酒が飲めて幸せ。水害にもあわれたのに無事復活できて安心した」

また21日は若手社員が中心に約1年かけて開発した純米吟醸酒もお披露目されました。

山酒造製造部 坂本春菜さん:「20代〜30代や初心者向けになっていて、甘さもありつつ酸味もあってキレが良いお酒になっている」

天山酒造によりますと、先月の大雨の際には蔵が20センチほど浸水したということですが、商品などに影響はなかったということです。