台風佐賀県には22日夜のはじめに最接近

カテゴリ:地域

大型で強い台風17号は、22日夜のはじめごろに佐賀県に最も接近する見込みです。気象台は暴風や高波、土砂災害に警戒するよう呼びかけています。

大型で強い台風17号は、21日午後5時には久米島の北西約200キロにあって1時間に約20キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。中心の気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートルです。台風が予報円の中心を進んだ場合、県内は、22日夕方から暴風域に入り夜のはじめごろに最も接近するとみられています。このため、22日は海上、陸上ともに非常に強い風が吹くほか大雨となるおそれもあります。

このあと予想される雨量は多いところで1時間に50ミリ、22日午後6時までの24時間では200ミリとなっています。気象台は暴風や高波のほか、先月の大雨で地盤が緩んでいるところがあるとして土砂災害に警戒、また、低い土地の浸水や河川の増水などに注意するよう呼びかけています。