秋田テレビ開局50周年へ 記念のオブジェが完成!

カテゴリ:地域

 秋田テレビ開局50周年を記念して作られたガラス製のオブジェが完成し19日、秋田テレビに運び込まれた。

 秋田テレビ開局50周年を記念して作られたのは、ガラス製のオブジェ「絶え間なく」。このオブジェは、秋田公立美術大学のガラス作家 小牟禮尊人教授が約半年をかけて制作したもので、地中からあふれ出る水を鮮やかなコバルトブルーのガラスで表現している。

 小牟禮教授は「永遠に水が溢れ続けている。気持ちや作品性、いろんなものが溢れていく。決して途切れることのないことをイメージした作品」にしたと力を込めた。

 作品は、秋田市の秋田テレビ本社ロビーに展示される。