高校生がドローン操作技術学ぶ 農薬散布や土地の測量に活用【佐賀県佐賀市】

カテゴリ:地域

農作業の負担を軽減する最新技術を学んでもらおうと、佐賀市でドローンスクールを開いている会社が農業を学ぶ高校生向けの授業を行っています。

ドローンを扱う授業を開いているのは佐賀市のドローンスクールJETで、今月16日からの5日間、高志館高校の生徒2人を受け入れています。19日はドローンを使った農薬散布が行われ、参加した高校生は、インストラクターのアドバイスを受けながら、慎重にドローンを操作していました。

参加した高校生永渕雅臣さん:「自分の父親も他人の田んぼとかを散布しているので、自分もドローンを使って農薬散布をできたらいいなと思います」

インストラクター福田さん:「(ドローンは)いろんな分野にも活用できると思うので、農業の分野でも活用できたらいいと思います」

生徒の授業料は無料で年間で10人程度の高校生を高志館高校から受け入れるということで、今後は土地の測量の授業も行うとしています。