施術回数や内容を水増し請求し約32万円をだまし取る 柔道整復師34歳男を再逮捕 札幌市

カテゴリ:地域

 交通事故でケガをしていた患者の施術費を水増しして保険会社に請求し保険金を騙し取ったなどとして、整骨院で院長を勤める柔道整復師の34歳の男が再逮捕されました。

 詐欺と詐欺未遂の疑いで再逮捕されたのは、札幌市東区の柔道整復師の34歳の男です。

 男は2019年2月から4月までの3か月間、自身が院長を勤める札幌市東区の整骨院で、交通事故のケガの治療のため通院していた40代の女性患者の施術費用を保険会社に水増しして請求し、保険金約32万円を騙し取った疑いが持たれています。

 男は女性に対してマッサージなど簡易的な施術しかしていなかったにもかかわらず、電気治療なども施したとうその内容を保険会社に報告していたということです。

 またこの女性が3か月間で3回ほどの来院しかない中、44回施術を受けたことにして保険会社から保険金を騙し取っていたということです。

 その後5月から7月にかけても、男は40回以上女性が通院し施術を受けたと偽って保険会社に報告を続けていましたが、保険会社側が5月の時点で不審な保険金の請求として警察に相談していたため保険金は支払われておらず、警察が捜査を進めていました。

 男は9月5日にも似たような手口で保険会社から金を騙し取ろうとしたとして詐欺未遂の疑いで逮捕されていました。

 調べに対し男は容疑を認めていて、「店の売り上げが上がると自分の給料に上乗せされる仕組みだった」などと話しているということです。

 警察は患者や整骨院の経営者は共謀しておらず男単独による犯行とみていて、今後余罪や金の使い道などを調べる方針です。