日米共同訓練で米軍ヘリ奄美駐屯地入り

カテゴリ:地域

先週末からの開催が延期となっている陸上自衛隊奄美駐屯地での日米共同訓練が、17日から行われる見通しとなりました。

今年3月に開設された奄美市名瀬の奄美駐屯地では、今月14日から日米共同訓練が予定されていましたが、天候不良やアメリカ軍の都合で訓練が延期されていました。

16日はアメリカ軍のヘリ3機が奄美駐屯地に到着し、アメリカ兵が建物に移動する姿が見られました。

訓練は非公開で17日から行われる予定で、奄美駐屯地に配備されているミサイル部隊を日米で守る訓練などが行われます。

16日は訓練に反対する市民団体の関係者がけわしい表情で基地の様子を見守っていました。

奄美の自然と平和を守る郡民会議 城村典文事務局長「きょうは敬老の日、アメリカ軍との対戦を経験したお年寄りがたくさん存命する中で米兵がきたのは心苦しい。軍事施設が活発化するのは反対で訓練してほしくない」

奄美駐屯地での訓練には日米あわせて60人が参加し、今月23日まで行われる予定です。