桜島が2回噴火 指宿市まで降灰も

カテゴリ:地域

桜島の南岳から立ち上る噴煙。

噴煙の高さは火口から2800メートルに達しました。

今月9日から山体膨張がみられた桜島。

噴火があったのは16日7時46分でやや多量の噴煙が南西方向に流れました。

降灰は指宿市まで達し、車にも灰が積もっていました。

噴煙の高さが2000メートルを超えたのは今年7月28日以来です。

その後も桜島では午前8時半から2時間半あまり噴火が継続しました。