富士山頂に「トライ」する“ラグビー登山家”とはどんな人? 静岡県

カテゴリ:地域

富士山5合目でパス回し。

「こちらのボールを山頂にトライしに行きます」

長澤奏喜(そうき)さん、34歳。職業は自称・世界初の「ラグビー登山家」です。

ラグビー登山家・長澤奏喜さん

「ラグビーワールドカップのエンブレムが富士山と日の出が描かれている。『山頂にラグビーボールをトライする』という活動をしてきた。24ヵ国の過去の出場国の最高峰にトライ。富士山が最後のゴール」

ラグビーボールを抱え登頂してきた山には、アルゼンチンの「アコンカグア」やアメリカの「デナリ」など、標高6000メートルを超える山も。

長澤さん

「ニュージーランドの『マウントクック』という非常にテクニカルな山で、1~2メートルのクレパス(雪の裂け目)を飛び越えなければならない時、走り幅跳びの要領でジャンプしたが、アイゼンという鉄の爪が着地した時刺さった。ベースキャンプで初めて傷口を見たが、結構やばい状態でヘリですぐ搬送された」

務めていたIT企業を3年前に退職。スポンサー探しやクラウドファンディングで資金を集めました。

長澤さん

「24ヵ国の最高峰にトライするのは、富士山への助走。本当にやりたいのは、『世界中のラグビーファンの愛とパワーを結集させたボールで富士山にトライ』すること」

8月26日、クラウドファンディングで支援してくれた3人とともに、いよいよ日本の最高峰をめざした挑戦がはじまりました。

カナダ人「私もラグビーをやっているよ。私はフッカー」

山にはラグビー好きが多いと話す長澤さん。登山中の外国人などから話しかけられます。高校から大学までラグビーに打ち込んでいた長澤さん。ラグビーというスポーツへの感謝の気持ちが、命の危険もある過酷な挑戦の背中を押してきました。

長澤さん

「自分が好きになれたきっかけが、ラグビーと出会ったときだった。ラグビーに恩返ししたい。ひとりで何ができるかと思ったら山登りと組み合わせてラグビーをPRする」

ワールドカップのエンブレムにあるように、富士山頂にのぼる朝日。その中でトライするために。そして…

長澤さん

「めちゃくちゃうれしい…やっと来られた」

午前5時前、山頂に到着。美しいご来光。

そして、ワールドカップの優勝トロフィー『ウェブ・エリス・カップ』も、長澤さんを待っていました。いよいよ3年間の挑戦のラスト。25回目のトライです。

「トライ!」

長澤さん

「嬉しい気持ちと、これで終わってしまう気持ち。本当に最高のトライができた」

一緒に登った支援者・徳久晴彦さん

「感動的な最期のトライを一緒に経験できて本当に良かった」

一緒に登った支援者・柴田亮さん

「勇気をもらったので最高な経験。本当にありがとう。お疲れ様でした」

過酷な挑戦を成し遂げた長澤さん。「3年25トライ」の旅の末に得たものは…

長澤さん

「熱量さえあれば何とでもなる時代。若い人は不安になりがちだが、一歩踏み出したら助けてくれる人もいる。全てはうまくいくと思ってみんな行動してほしい。ラグビーワールドカップもすべてうまくいくと思う」

ラグビーワールドカップまであと10日。自分を、みんなを、すべてを信じる強い気持ちが大会の成功を、そして日本代表の勝利を引き寄せる力になりそうです。