ローマ法王フランシスコ 11月の長崎訪問が正式決定 平和のメッセージ発信に期待も

カテゴリ:地域

38年ぶりの来日が決まりました。

ローマ法王 フランシスコが今年11月に来日することが13日、正式に発表されました。

菅官房長官「11月23日から26日まで、ローマ法王 フランシスコが、東京、長崎、広島を訪問する予定。国際平和を希求するローマ法王が被爆地の長崎と広島を訪問することは、国際社会に対して被爆の実相に関する正確な発信を行ううえでも重要」

ローマ法王 フランシスコは11月23日から26日の日程で、東京、長崎、それに広島を訪れ、被爆地・長崎では24日午後にミサを行う予定です。

去年の12月ごろから来日の意向を示していて、ようやく届いた正式な訪問の知らせに長崎からも喜びの声が聞かれました。

被爆者で信徒の深堀 繁美さん 「僕も生きている時に2回、教皇様に会うことができる。原爆にあった人たちもだんだん亡くなってしまって、尻すぼみになっていくんじゃないかと、こんな機会があれば戦争の愚かさを発信するために、原爆にあった所を訪問なさるのはそういう意味もあるのではと思う」

被爆者で信徒の山田 シズ さん「(訪問日まで)元気にしておかないと。(ローマ法王は)平和を望んでいらっしゃるから、うれしい。何にも私達はできないけど、いらしてくださるというニュースを聞いただけで胸がドキドキします」

ローマ法王の来日は1981年の故 ヨハネ・パウロ2世以来38年ぶりとなります。

ローマ法王はこれまでに繰り返し核兵器廃絶を訴えていて、被爆地で平和へのメッセージを届けたいとの意向も示しています。