女子大生を誤認逮捕…県警内部調査は来月にも県議会委員会で公表へ【愛媛】

カテゴリ:地域

松山市の女子大学生が誤認逮捕された問題で県警は13日、内部調査の結果について、早ければ来月に開かれる県議会の常任委員会で報告する考えを明らかにしました。

この問題は、松山市でタクシーから売上金などを盗んだ疑いで今年7月、県警が市内の20代の女子大学生を誤って逮捕したものです。

女子大学生は「取り調べの中で自白の強要があった」とする手記を発表。県警は誤認逮捕に至った経緯などについて内部調査を進めています。

この問題に関し、県警は内部調査の結果や再発防止策について、県議会の常任委員会で報告する考えを示しました。

9月定例県議会では、県警に関する議題を審議する「スポーツ文教警察委員会」が来月2日と3日に開催される予定で、この審議の中で調査結果が公表されることになります。

この一方で県警は調査は慎重に進めているとして、報告が9月県議会の閉会後になる可能性も示唆しています。