IR誘致実現すれば ハウステンボスの土地を205億円で譲渡へ 長崎県佐世保市

カテゴリ:地域

カジノを含むIR統合型リゾートについて佐世保市は、誘致に成功した場合、ハウステンボスのIR整備候補地の売買代金を205億円とする契約を結ぶ方針であることが分かりました。

カジノを含むIR統合型リゾートについて、長崎県と佐世保市、それにハウステンボスは今年4月、ハウステンボスの約30万平方メートルの土地と建物を整備候補地とすることで合意しました。

IRの誘致が実現すれば、候補地を形式上、佐世保市が買い取り、そのまま事業者に売り渡すことになっていて、先月まで不動産評価額の鑑定が行われていました。

その結果、佐世保市がハウステンボスから候補地を205億円で取得する売買予約契約を結ぶ方針を固めたということです。

これについて佐世保市は13日午後、市議会で説明し、同意が得られればできるだけ早い時期に正式契約を結びたいとしています。