長崎2区・加藤寛治衆議院議員が農水副大臣に

カテゴリ:地域

今回の内閣改造で、長崎2区選出の加藤 寛治 衆議院議員が、農林水産副大臣を務めることになりました。

加藤氏は73歳で島原市出身。

農協の組合長などを歴任し、県議会議員を経て、2012年の衆議院選挙で、長崎2区に自民党から出馬して初当選し、現在3期目です。

2期目には農水大臣政務官を務め、今回の内閣改造で農水副大臣に就任することになりました。

副大臣就任にあたって加藤氏は、「地方の声を施策に生かしながら、強い農林水産業の実現に向けて、全力をあげて取り組む」とコメントしています。

諫早湾干拓事業については、漁業者などが求める排水門の開放に反対の立場です。